財団法人 土屋組環境教育振興財団
ホームへ
財団の紹介 啓蒙活動 研究活動 助成実績 寄付行為 広報活動 お問い合わせ サイトマップ
あらゆる生き物が自然に暮らせる環境を守り、育てるために設立されました。
  所在地地図へ


設立趣意
経済の高度成長に伴って開発による生き物の生息・生育地の消滅や分断、汚染等による生息・生育環境の悪化が進行し、国土の自然環境は急激に変化しました。
そうした中、ここ数年、環境問題に取り組む働きが各地で見られるようになりました。
しかし、その視点は「個々の種の保護」にとどまっていました。昨今、ようやく「生態系」という生き物の生息・生育する空間そのものを視野に入れ、それを守ることの重要性が認識されるようになりました。その実践としては、ビオトープ(生き物の生息空間)、つまり地域の生き物が住める本来の自然を残し、あるいは、壊れた自然を元のように復元していくことです。

それをめざし環境省をはじめ、自然環境の保全を目的とした団体による効果的手法の調査・研究が展開されはじめています。当財団は、こうした動きに共感し、岐阜県の優れた自然を次世代に残していきます。そのために、まず、生き物の生息空間を守り、復元し、回復させる有効な手だてを探ります。また、そうした手法が県内各地で実践されるよう、得られた情報を広く提供するとともに、それにかかわる技術者の養成と質的な向上を目指します。さらに、子供たちへの環境教育、一般県民向け講座などを通し、正しい知識の普及に努めることを主な活動目的とします。

財団の目的
岐阜県の優れた自然を次世代に残していくことを目的に、ビオトープ(生き物の生育・生息空間)の保全、回復、復元の方策を研究し、その情報を広く提供していくものとします。
また、この目的を達成するためには、環境教育が重要であると考え、環境教育を振興するための活動を行います。


主な事業
・自然環境教育の振興のための活動
・小学校など学校教育機関のビオトープ活動への助成
・生物学、生態学など自然環境保全に役立つ研究への助成
・自然生態系保全のための技術の研究、および情報の収集と提供


所在地

土屋環境教育振興財団
岐阜県大垣市神田町2丁目55番地
TEL:0584-81-5118/FAX:0584-81-5141
MAP


研究室
岐阜県養老郡養老町釜段字新開468
TEL:0584-36-1031/FAX:0584-35-3541


MAP


沿革
1999(平成11)年12月20日 岐阜県指令自第584号「財団法人土屋ビオトープ財団」として許可を受ける。
2001(平成13)年5月 「財団法人土屋環境教育振興財団」に改称。


 
  ページトップへ  

このサイトについて